frontendmemo

このサイトは、「html、css、js、ruby,ツールなどについて、自分が覚えたこと、またはいつも忘れて調べることを書き溜め、それが結果といて勉強したての初心者の方や自分と同じような技術レベルの人の助けになることを目的とするWebログ」、略してブログです。挨拶→http://frontendmemo.hatenablog.com/entry/2016/06/25/115845

Vue.jsの本レビュー比較まとめ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


Vue.jsの本は2019年の今でも数冊しか出版されていません。
そんな希少価値の高いVue.jsの本ですが、どれがどんな人を対象としているかなど比較したいと思います。

Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで

Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで

Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで

  • 作者: 川口和也,喜多啓介,野田陽平,手島拓也,片山真也
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2018/09/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

ページ数 480ページ
発売日 2018/9/22

入門とはいえ、難易度高めです。
目次をみてもらうとわかりますが、テスト、サーバーサイド、Nuxt.jsと内容も盛りだくさんで1から100までという感じです。

アマゾンレビュー

Vue.js公式ドキュメントを一度でも読んだことがある(あるいはReact、Riotなどの経験)
Vuexに関しては本書から読んだほうが理解しやすいかも
JavaScript(ES2015を知っているか、知らなくてもそれを自分で調べて理解することができる人)
CLI環境がすでに整っている人

ue.js は公式ドキュメントも日本語化されており、そちらを見ても入門できますが、本書ではサンプルを交えて「どのように動作するのか」まで丁寧に解説されているので、より体系的な理解に役立ちます。カバーしている領域も、Vue.js の導入に始まり、コンポーネントの実装、パフォーマンスチューニング、TypeScript との連携、テストやデバッグ、Nuxt.js、設計指針等、かなり網羅的です。

書籍タイトルの通り、Vue.js の基礎からアプリケーションの構築プラクティスまでを網羅しており、初学者が安心して読める内容になっています(HTML、CSS、JavaScript に関する知識すらままならない状態だと、恐らく難しいです)。また、ある程度 Vue.js についての知識がある人でも、更に知識を深めるのに適した良書だと思います。

基礎から学ぶ Vue.js

基礎から学ぶ Vue.js

基礎から学ぶ Vue.js

ページ数 328ページ
発売日 2018/5/29

多くの人はこちらからスタートしているのではないでしょうか?
わかりやすくまとめられていてこのブログでもcodepenを使用して読み進めています。
www.frontendmemo.xyz
Vue.jsを楽しむことがこの本の理念にされてるように感じます。
また公式サイトもソースコードが公開されており、本書を購入しなくても閲覧可能です。

アマゾンレビュー

JavaScriptに関しての足りない知識は自身で補いながらであれば読み進める事は充分に可能であり、Vue.jsの知見は深まっていくと思います。

また、著者のサイトやブログ、GitHub(本の補足がされてある)を合わせて参考にすると一層良いかと思われます。
※すごく丁寧にVueに関してのtipsなどが散りばめられており、大変参考になります

ハンズオン形式で何かを完成させるという意図で書かれた本ではありませんので、(簡単なサンプルはある)あくまで参考書的な役割が強いと思います。

ただ、ルーティングのナビゲーションガードの箇所が少し不明瞭だった事とvuexのマッピングについてmoduleで分割させた時の補足なども欲しいなぁっと学習していて感じたので、星4とさせて頂きました。

とにかくわかりやすい。
内容も充実していて、それでいて「後で出てきます」など、しつこくない程度にフォローもしっかりしているので迷ったりすることも少ない。
注目度の高いVue.jsなのでネットで調べれば情報は十分手に入るかもしれないけれど、かなり情報量が多いので知らなかったことも結構あった。
これから始める人にはもちろんお勧めだけど、既に触っている人も読んで損はないはず。

動かして学ぶ!Vue.js開発入門

動かして学ぶ!Vue.js開発入門 (NEXT ONE)

動かして学ぶ!Vue.js開発入門 (NEXT ONE)

ページ数 272ページ
発売日 2018/5/29

Google ChartsやMarkdownエディタ、ToDoリストなどその名の通り実際にアプリを作れるような導きがされています。
ただ本格的というよりは、内容は基礎から学ぶ Vue.jsより易しめですので、物足りない人は他の本をおすすめします。

アマゾンレビュー

Vue.js単体で説明できる事はすべて本書に書かれていると思います。逆に本書に書かれていない項目を試す場合は他の技術が絡んでくると思って間違いないでしょう。
自分は「単一ファイルコンポーネント」に手を出そうとしたばっかりにNode.jsだnpmだpackage.jsonだvue-cliだコンパイルだimportだBabelだWebpackだ、とかに巻き込まれてVue.jsを使う事を諦めかけた事がありますw
(Javascriptで仕事されている方には常識とは思いますけど)
上記の単語がよくわからない方は本書がお勧めですw

半年くらい前に、Vue.jsを触り始めた、マークアップエンジニアです。他の入門本や、Vue.jsサイトのチュートリアルなどにもチャレンジしたり、お仕事でも少し触ったりします。
この本は、シンプルに一個ずつの v-プロパティについて説明があって、とても分かり易かったです。それぞれのプロパティでどんなことができるのかも、「○○するとき」というリファレンス的な目次があって、行き詰まった時に役立ちそうです。
また、data がよいのかpropsがよいのかと悩んだり、methodsとcomputedの違いがきちんと理解できていなかったり、アニメーション(transition)の書き方が独特なので、cssではかけてもうまくイベントとつなぐことができなかったりして困ってました。そういう細かい部分の説明があって、今まで以上に理解が深まりました!
マークアップをするために、初めてVue.jsを使う前に、オススメの本だと思います。

Vue.js & Nuxt.js超入門

ページ数 464ページ
発売日 2019/2/5

amazonの目次は大分あっさりですが、小見出しあるそうなのでそちらを見た方がイメージが付きやすいです。

アマゾンレビュー

Chapter1 Vue.jsを使ってみよう
 1-1 Vue.jsのセットアップ
 1-2 より本格的なプロジェクト
 1-3 プロジェクトを作ろう

Chapter2 Vue.jsの基本をマスターしよう
 2-1 Vue.jsの基本的な仕組み
 2-2 レンダリングをマスターする
 2-3 テンプレート構文を覚えよう

Chapter3 コンポーネントを使おう
 3-1 コンポーネントの基本をマスター!
 3-2 v属性を使いこなす
 3-3 プロジェクトによる開発
 3-4 計算アプリを作ろう

Chapter4 コンポーネントを更に掘り下げる!
 4-1 プロパティを強化する
 4-2 イベントを掘り下げる
 4-3 テンプレートを考える
 4-4 トランジションとアニメーション

Chapter5 Nuxt.jsにアップグレード!
 5-1 Nuxt.jsってなに?
 5-2 Nuxt.jsプロジェクトの基本
 5-3 Vuexによる状態管理
 5-4 メモアプリを作ろう!

Chapter6 外部サービスを利用しよう!
 6-1 axiosで外部サイトにアクセス!
 6-2 FirebaseとREST API
 6-3 Firebaseアクセスをマスターしよう
 6-4 Firebase APIを活用しよう!

Addendum JavaScriptオブジェクト超入門
 A-1 JavaScriptの基本を超簡単おさらい!
 A-2 オブジェクトをマスターしよう

掌田津耶乃さんの本はこれで5冊目くらいですかね。
いつもわかりやすくて助かります。
そしていつも誤植が多いです。それは秀和システムさんの仕事かな。

いくつかNuxt.jsの本を読んだのですが全然わからず。
VueとNuxtはこの本が一番わかりやすいと思います。
ただしNode.jsとかJavaScriptに慣れてないとちょっと難しいかな。

P.91 (誤)data.items[0] = 'ゼロ'; (正)削除
P.93 (誤)data.items.map(i=> v('li', i)) (正)data.items.map(i=> h('li', i))
P.191 (誤)table += '' + this.result[i][0] + '' (正)table += '' + this.result[i][0] + ''
P.191 (誤)+ this.result[i][1] + ''; (正)+ this.result[i][1] + '';

P.136 Vueオブジェクトの作成師は、単に指定したタグ内・・・ ←ここ、ちょっと何言ってるかわからないです

■レビュー
Chap6(API)の目次にビビッときたのでTSUTAYAまで走りました。
本家の小見出しにワクワクしてしまった方は、一度立ち読みされると良いかと思います。

本書はVue.js初学者が『Nuxt.js+CRUD(Firebase)』
を実装するまでのステップアップとして良いかと思います。
またVuexやaxiosなどデータまわりでくすぶる方にも効果的かと。

ただ、いくつか留意点が。

◆物足りない
・SSR(metaタグ変更)など基本事項の記載がない
・Realtime Databaseを使用

Nuxt.jsの恩恵が生かされてない感が否めません。
なので公式ドキュメントなどで補完必須。
タイムリーな話題でお門違いですが、Cloud Firestoreがローンチされたのでくすぶるかもしれません。

本書を読んだからといって実務レベルのアプリ開発は難しいでしょう。
あくまでスクラッチ感を生かし、各自肉付けするというスタンスでいると幸せになれます。

Nuxt.jsビギナーズガイド―Vue.js ベースのフレームワークによるシングルページアプリケーション開発

Vue.js & Nuxt.js超入門

Vue.js & Nuxt.js超入門

ページ数 208ページ
発売日 2018/10/17

Nuxt.jsについて専門的な知識を付けたい方はこちらですね。
ページ数的にも読みやすそうです。

アマゾンレビュー

Vue.jsに興味を持ち勉強して来たけれど、学習コストが低いとか既存のJavascriptの一部をとりあえずVue.jsに置き換えて見ることができるような解説が合ったがどうも自分自身その説明に納得がいかず、Vue.jsは本当に役に立つのだろうか思いながら、この本にたどり着いた。
この本を読んで(一度しか読んでいませんが)ガッテンしたことは、Nuxt.js上でVue.jsを活用しないと全く生産性はあがらないということでした。
Nuxt.jsについては英語の世界でもこれほど詳しく解説した本は無いのではと思うくらい著者の理解度はすごいものがあります。

最初キンドル版を購入し、あまりに読みづらかったので、書籍版を追加購入しましたが、書籍版も劣らず読みにくく(フォントが細すぎる)、その点はがっかりです。この出版社の本は内容は良いのですが、読みづらさは天下一品です。

アプリケーション開発においては「プログラミング力」とは違った知識が必要です。環境構築や設計など様々ですが、そのあたりをサポートしてくれるツールがNuxt.jsです。

案件で使うにあたり読みましたが、Nuxt.jsの基本的な知識が身につきました。もともとある程度明快なツールということもあり、意外にもサクッと読めます。

実際の開発をやってみる章では、ただのサンプルデータの処理だけではなく簡易的な認証の実装から行われており実践的でした。また、Middlewareの魅力に触れていたりとNuxt.jsならではのよさも十分理解できました。おすすめです。

Vue.jsとFirebaseを使って、はじめてのシングルページアプリケーションを作る!ボリューム増の改訂新版

改訂新版 Vue.jsとFirebaseで作るミニWebサービス (技術書典シリーズ(NextPublishing))

改訂新版 Vue.jsとFirebaseで作るミニWebサービス (技術書典シリーズ(NextPublishing))

ページ数 74ページ
発売日 2018/10/5

Firebase使用してVue.jsでアプリケーションを作りたい人向けです。
内容は薄めです。

先ほど購入しました。
まず、この書籍を読むには基本的なプログラムを読み書きするスキルが必要です。

さて、私はJavaScriptとは15年近く付き合いはありましたが、PHPやらRubyでサーバサイド開発を続けていたら、いつのまにか昨今のJavaScriptを取り巻く環境の変化(npmやらwebpackやら)に付いていけなくなってしまったヘッポコプログラマーです。

そんな私ですが、Vue.jsを使用する為の基本的な環境(node.jsインストール)は出来ている状態からスタートし、書籍の通りにソースを記述するだけで、1時間あればログイン認証機能とマークダウン記法対応のメモ帳が作れたことに驚きました。
発想力さえあれば、ここから色々なものを作れるようになりそうだと感じさせてくれる手応えを感じました。

この書籍の最大の良い所は、あるハッシュタグを付けてツイッターで呟くと、公式アカウント?作者様が直で答えてくれるという所。
実際まだ壁にぶつかっていないので、質問をするには至っていませんが、ざっとツイッターを徘徊した限りですと頻繁にアドバイスを行っていらっしゃるようで、躓いても安心出来そうです。

まとめ

現時点では入門としては「基礎から学ぶ Vue.js」、深く学ぶなら「Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで」がおすすめですね。

Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで

Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで

  • 作者: 川口和也,喜多啓介,野田陽平,手島拓也,片山真也
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2018/09/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
基礎から学ぶ Vue.js

基礎から学ぶ Vue.js